新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

2019年のスムースのテーマは「旅」。私も会社もスタッフも、地に足がつく実力がついてきました。挑戦、行動、体験する年にしていく思いで旅としました。旅は楽しみながら準備し、計画し、行きたい場所へ向かうことです。決して無理をせず、自分たちの力で範囲を決め、かつ冒険もする。だからこそ、今年は旅立ちなのです。

実は、2018年前半はスムースにとって苦しい時期でした。やりたい事、やるべき事が空回りして上手くいかなかったこともあり、少し息切れ感がありました。デンマークやスウェーデンにも行き、これからの暮らしや家づくりに対して影響受けたのもあり事業の方向性として見直すタイミングだったのかもしれません。

ふと立ち止まった時期だったのです。その甲斐があって後半は新しい人との出会いや、事業計画も一新して充実した半年となりました。

スムースは家づくり・建築を通して、家族の在り方、ふるさとづくり、何が幸せと感じるのかを常に問い続けて、沢山の方と共感しながら一歩一歩進んで来ました。

しかし、北欧の空気に触れる事で、家族の幸せを築くためには心という内面からの大切さと、外部からのこの地を守っていく環境の大切さを学びました。内面だけではなく、環境も未来に向けて本気で考えなければならないのです。家族の希望でもある子供たちが、未来へ向け生きていくこの地球の環境は、かなり深刻なところまで来ています。

スムースは昨年の夏、会社をリニューアルして持続可能な社会、サスティナブルに舵を切っています。スムースの出来ることの第一歩として、地球に還る家として進めております。

・国産材使用
・土に還る素材
・健康に育つ空間
・暮らし提案型まちづくり
・自然エネルギー住宅

小さな取り組みでもいい。小さな会社からでもいい。
少しづつですが進めています。

スムースみんなが一番大切にしている創造力。
そんな創造力から生まれる旅。今年のスムースにご期待ください。

恒例の1月4日の伏見稲荷大社と立木神社への初祈願。
2名は不参加でしたが、今年もこのメンバーで頑張ります!
どうぞ、よろしくお願いします。

2019年 新年ご挨拶
株式会社スムース
代表取締役 市川正和


masakazuichikawa

市川 正和 代表取締役 / ふるさとづくりプロデューサー

1973年京都市生まれ、長岡京市育ち。職人、現場監督、営業、設計とすべての業務を経験して2006年に滋賀でスムースを起業。私は常に『共感』ということが大きな基準となっています。スムースの名前の由来も「住まい」の住むと、複数を意味する「S」を繋げたもの。人のご縁に恵まれてきた人生で、これからも共感し合うご縁に恩返しして行くことが使命です。