家づくりの現場 | 株式会社スムース

Sumus BLOGブログ・読みもの

家づくりの1日

こんにちは、スムース 吉森です。 先日行われた上棟式に参加させて頂きました。 柱、屋根と大工さんの手で組み上がっていき、1日でお家の骨格が出来上がります。   スムースではこの日をお客様と一緒に迎えられる事への感謝と、これからの家作りの中でも怪我や事故などないようにという願いを込めて一緒にお祝いをさせて頂いています。 家を一番高い所で支えてくれる大きな棟木に寄せ書きをしたり、その棟木を大工さんとの掛け声で据える”棟納めの儀”などです。   また今回のご家族のお子様達も、朝早くてすごく暑い中でも、大工さんへの可愛らしいプレゼントを準備してくれていて、また大工さんと一緒に家作りをしている気分で大きな重機を見たり、上棟式を楽しんでもらえている様で嬉しかったです。 こんな1日も家づくりの思い出として大きくなっても記憶に残っていてくれたらさらに嬉しいです。新しい家が完成するまで多くの時間もかかりますが、ひとつひとつの工程を私達も一緒に分かち合い、また完成の際は喜んでいただけるように日々努めています。 この日の様子を動画にまとめました♪ ↓↓↓ &nbs…

家づくりの現場  | 2022.09.22

心地よい家は骨格美人

こんにちは、奥です。 姿勢が美しい人やすっぴんが綺麗な人を見ると、とても魅力的に感じます。その上で似合うメイクやファッションを身につけていたら尚のこと。 木造の家づくりに関して言えば、骨格が構造だとすれば、そこが美しく整っているだけで、ぐんと魅力ある建物になります。 スムースの家は完成してからもそんな構造が化粧材で見える方法を選択しています。骨格美人だからこそできる仕様。 先日上棟した大津の家も骨格美人。 現在は安曇野桧の床板を施工中。完成は来年1月を予定しています、お楽しみに。 今月は守山で、来月は日野で完成見学会を予定しています。 9月の完成見学会「守山の家」は こちらからどうぞ↓ https://sumus.jp/event/openhouse/15307/   #木造住宅 #構造材 #柱 #梁 #安曇野桧 #滋賀工務店 #家づくり #完成見学会 #オープンハウス

家づくりの現場  | 2022.09.08

外構のおはなし⑩ 外構一体提案チャレンジ vol.1

こんにちは。松島です。 私も設計部の一員として、半年間、設計塾に参加させてもらい、たくさんのことを学ばせてもらいました。何より面白かったのは、同じ敷地、同じ設計条件でも、設計者により、全く違うプランになるということです。参加されている他社さんのプランも、どれひとつとして同じものがなく、とても勉強になりました。 私も試行錯誤しながら、建物・外構・街並みが一続きになるような、そんなプランを考えてみたので、僭越ながら・・・紹介させていただきます。設計条件は下記の通り。 *** ①街並みと駐車スペース 建物をできるだけ南に向け、それによりうまれる三角の土地を、南西の緑地と連なる緑地帯とし、その中を縫うように駐車スペースを設けました。角は車寄せにもなるスペースとし、北西の道路から北東の道路へ通り抜けることもできます。 ②借景 南北に視線の抜けを意識したプランとしました。どのような動線を通っても、南西の緑地を眺望することができ、窓を開け放ち、展望デッキとつながることで、広々と暮らすことができます。南北に窓をとると、心地よい風を取り込むこともでき、一石二鳥です。 ③ラウンジ 中央に共有のリビングとな…

家づくりの現場  | 2022.09.02

アルコーブのおはなし2

こんにちは、スタッフの尾関です。 先日ご紹介したブログの続きをご紹介させて頂きます。前回ブログ⇒https://sumus.jp/blog/genba/15269/ このお住まいのお施主様は、花を活けたり、手芸をされたり日常の中の何気ない一コマの中でも生活を豊かにされています。 そんなお施主様から家に訪れた方の目を喜ばせるような場所をつくりたいと要望を受けました。お施主様の想いに応えられるように、左官屋さんとどのような意匠ができるかすぐに相談することにしました。 左官屋さんの粋な提案で奥まった部分の仕上はよく見るとツバメの巣の様なテクスチャーに。 ツバメは幸福の象徴で、人が集まるところにしかツバメは巣を作らないという点など縁起物であることも住まいに物語性を付加します。 お客様に説明したところ、ふたつ返事で是非やってみたいですということに。 ↑ 奥まった部分の粗い表現とは対比的に、表面の部分はカルチェラサータ仕上となっています。 カルチェラサータとはイタリア語で「石灰のひげそり跡」という意味だそうで確かにその説明を聞くとお父さんのひげそり跡のようにも見えてきます(笑)柔らかな光沢をもった…

家づくりの現場  | 2022.08.19

アルコーブのおはなし1

こんにちは!スタッフの尾関です。 今日は先日お引渡しさせていただきましたお客さまのお住まいのご紹介をさせていただきます。 家を訪れた人の目を愉しんでもらえるようにアルコーブを設けました。(アルコーブとは、お部屋や廊下の壁面に「くぼみ」をつくった部分を指す言葉のこと) 和の雰囲気に丸い形というのは個人的にとても好きな組み合わせです。 源光庵の悟りの窓(①)や、京町屋の虫籠窓の丸みを帯びた意匠(②)、となりのトトロの家にあるメイが遊んでる丸窓(③)などなど。 またこのアルコーブは職人さんの技も光ります。 次回のブログでご紹介させて頂きます!! ↓ アルコーブのおはなし2 https://sumus.jp/blog/genba/15277/   #アルコーブ #左官屋さん #源光庵 #悟りの窓 #虫籠窓 #となりのトトロ #豊かな暮らし #家づくり #滋賀工務店 #注文住宅

家づくりの現場  | 2022.08.19

視点を変える

こんばんは、須田です(^-^) 今日は、悩まれている方も多い土地のお話しです。 多くの方が、駅近の良い環境を望まれます。 土地が沢山あればよいのですが、現実的に皆様が思い描く良い土地は、数が少なく価格も高いのが現状です。 例えば、駅まで徒歩ではなく自転車を使ってみたり、交通費支給の職場に勤めていらしたら、バスなども利用してはいかがですか?? 私自身、駅からは非常に遠い場所に住んでいますが、得られたものが沢山あります。 余裕のある庭では、娘とプールや花火、家族でBBQなど休日の楽しみがいっぱいです♪ 今の時期は、小さな畑でトマトやナスが沢山取れます! 利便性だけではなく、家族と過ごす時間に目を向けると土地探しの考え方が大きく変わりますよ!   #土地探し #土地選び #庭のある暮らし #家づくり #家庭菜園 #滋賀工務店 #木の家 #注文住宅

家づくりの現場  | 2022.08.11

入社3ヶ月、今の僕の想い。

皆さんこんにちは、新入社員の山口です! 本日は、今の自分の心境についてお話ししたいと思います! 4月に入社式から「現場監督」として働き始め、先輩現場監督の岸本さんと一緒にたくさんの現場に連れて行ってもらいたくさん勉強させてもらっています! 学生の頃から、「現場」って聞くと「怖い」「厳しい」などあまり良いイメージがなかったのですが、入社してから約4か月が経ち、スムースで働き始めてから現場の印象がガラっと変わり、学生の頃思っていたイメージは全くなく、今では「優しい」や「楽しい」など良いイメージばかりです! 「現場監督」は、建築の中でも幅広い分野を覚えないといけなく、一人前の現場監督になるのはとても時間がかかります。経験値がとても必要なお仕事で、現場の職人さんによってもやり方が違ったりするので、覚えるのに苦労する部分もありますが、実際に家の基礎ができて完成し、お客様に引き渡しをするまで全てに携われるので、やり甲斐をすごく感じるお仕事です! まだまだわからないことがたくさんありますが、よりお客様目線になって親身になれると思いますので、なにか家づくりの中で気になることがありましたら気軽に相談して…

家づくりの現場  | 2022.08.05

既存住宅状況調査技術者の資格を取得しました

こんにちは、現場監督の山本です。 既存住宅状況調査技術者講習(既存住宅 インスペクション)を受講し、「既存住宅状況調査技術者(※下記)」の資格を取得しました。 市場調査では住宅ストック数と世帯数の推移 (2018 年)で住宅数 6240 万戸に対して世帯数 5400 万世帯で約 800 万戸空き家が増加しています。今後は新築にこだわらないという意向を持つ人が増えてきている状況から、既存住宅(中古物件)の流通量が増える可能性が高い事が考えられます。 そこで中古住宅の品質確保する観点から、国土交通省は「インスペクションの普及促進のガイドライン」を位置付けました。 スムースでは新築工事しかしていないイメージが大きいですが、実際は数は新築に比べて少ないですがリフォームやリノベーションも設計施工を行っています。 今後はリノベーション・リフォーム事業の拡大を見据えて、こうした 中古住宅の状況調査をきちんと行い、お客様に説明できる資格が必要と考え、私がスムースリノベ推進委員(勝手に命名)として取得しました。 リフォームの場合だけでなく、スムースの新築の家も 50 年、100 年と住んでもらえるように…

家づくりの現場  | 2022.07.29

梅雨の洗濯と洗面室

雨の季節となりました。紫陽花が各地で見頃を迎えていますね。スムースの事務所に植えられた紫陽花も今とてもきれいです。 さて、梅雨の時期の困りごとといえば、いろいろありますが洗濯もそのひとつ。 乾きにくい、部屋干しが邪魔になる、湿気る… 乾燥機などの家電を活用したり、便利な部屋干しアイテムでの対策方法がネットにも沢山上がっています。カラッと晴れてくれると一番ですが、ここは割り切って少しでもストレスフリーとなる方法でこの時期を過ごしたいものですね。 ということで、今回はこの洗濯に関わる場所である「洗面室」を建築事例からご紹介していきたいと思います。洗面室が違えば、洗濯も、暮らしも変わる!? 雨の季節ならではの視点でも、スムースの家づくりを感じていただけたらと思います。   ***   まずは、木の温かみある洗面室。物干しバー(天井)は、ちょこっと掛けにも、雨天の部屋干しにも役立ちますね。天井は湯布珪藻土を採用しており、梅雨のジメジメした湿度を吸収する効果があります。 (草津の家5より)   ↓ こちらは爽やかな光と風を感じる洗面室。 先ほどの洗面室もそうですが、…

家づくりの現場  | 2022.06.23

住み継ぐこと

夏の様な気候が続いていましたが、いよいよ梅雨入りしたようですね。 夏でもマスクをつけるのが当たり前になりましたが、暑がりの自分にはつらい季節です。早くマスクが不要な世界が戻ることを強く願っています。   さて、今回ご紹介する現場は、草津市内の旧家のお住まいで、おじいさまとおばあさまの住まわれる母屋の一部改修工事です。 代々大事に住み継がれてきた土地の中に母屋と息子様世帯が住まわれる離れ、また納戸など広い敷地の中にはたくさんの建物が建っていました。   今回、老朽化が著しい建物や塀を一部解体する等して住環境を整えるということが大きな主旨としてありました。   【before】 無断熱の建物で、野地板と垂木(屋根の裏側)が室内にそのまま表れています。雨漏りの形跡もあり、屋根の吹き替えと内装材のクリーニングを行います。   2世帯、3世帯住宅となると住まわれている方それぞれに色んな思いがあられます。時には意見が衝突したり、妥協点を見つけたり‥‥。 それでも家族が幸せに暮らすこと、次の世代に引き継いでいくことという思いの本質的なところでは皆一致しています…

家づくりの現場  | 2022.06.16

外構のおはなし⑧/石の魅力 その1

  こんにちは。そろそろ梅雨入りですね。 植物にとっては恵みの雨。緑が一層深く、美しくなる時期です。そして、もう1つ。雨の時期に美しくなるもの。魅力が増すもの。それが石です。 石は、季節で移ろう植物と、対比されるように挿入されます。変化する植物と変化しない石。 けれど、けして変化しないわけではなく、ゆっくりゆっくりと味わい深くなっていきます。その営みも美しいと思うのですが、時に、目に見えて移ろう場合があります。   それが雨の日です。 雨に濡れた石は、普段の様相とは一変して、とても艶っぽくなります。 しとしと降る雨、深い緑、艶っぽい石。そしてそれらを眺めるひととき。まさにギフト。贅沢で至福の時間です。 今回は、そんな石のお話、石を使った現場のお話をしたいと思います。   *** コンセプトハウスの石は現場発生材です。別の現場で出た、処分する石を再利用しました。 現場監督の岸本(キッシー)と使えそうな石を運んできました。キッシーは力持ちなので、欲張って大きな石をたくさん運んでもらいました。   まずは石のない時。高木植栽のみです。これだけでも十分素…

家づくりの現場  | 2022.06.09

ルームツアー動画を4件アップしました!

スムースで建てられた新築戸建の【建築事例 ルームツアー動画】をyoutubeにアップいたしました! 木肌を沢山感じられ、自然素材を使い心地良く落ち着いたお住まい。動画でリアルに伝わるお住まいの様子をぜひご覧ください。   ①山城の家 「家族3人と1匹暮らし。心地よさを素直に感じる家」 youtube:  https://www.youtube.com/watch?v=0n-bgB3TuG0&t=1s 事例紹介ページはこちら   ②草津の家 「隠れ家ロフトとハンモックで遊び心あふれるお家」 youtube:  https://www.youtube.com/watch?v=o9R3WF_DBH4&t=8s 事例紹介ページはこちら   ③米原の家 「吹き抜けと大きな窓から季節の移ろいを感じられるお家」 youtube:    https://www.youtube.com/watch?v=JeWRSUdn6nQ 事例紹介ページはこちら   ④コンセプトハウス「住み継ぐ暮らし」 youtube:  https://www.youtube…

家づくりの現場 MOVIE  | 2022.05.20

Secured By miniOrange