家づくりにおいて一番大切なことがプランニング。
時間をかけて探して出逢った土地で、今までの想いをカタチにしていきます。

プランを書く人は必ず現地確認を行います。
日本には何十万人と建築士がいますが、現地を見て感じる事は人それぞれ。



敷地の後ろに湖があったり
水の都として敷地に湧水があったり
角地で敷地の条件が良かったり
道路以外周りに囲まれていたり

敷地の大きさや環境に同じものはありません。

その場所の特徴を感じて、

どの場所にリビングが来ると視線が抜けて気持ちいいのか?
どの場所に光が差し込むのか?
どの場所に風が抜けるのか?

夏はいいけど冬は日当たりが思うように取れなかったり。

頭でグルグル考えて、グリッド紙とにらめっこして、
何度も書いて何度も消しゴムで消して、
紙が破れそうになりながらも、ひたすらペンを走らせます。



そしてその時期から約半年後。

家が完成して、思い通りに風景を切り取れた時は、
建築士冥利に尽きるといった感じではないでしょうか。


さて今度のプランは喜んで貰えるかな?


kengotakemori

竹森 健吾 二級建築士 / 現場リーダー

福井県美浜町生まれ。実家の目の前が海で泳ぎは得意だが釣りにはハマらず。高校卒業後、京都で建築を学び、5年半の設計経験を経てスムースに入社。現在はヒアリングからプランニング、現場監理まで一貫して行います。