家づくりの工期はとても長いです。

在来軸組工法、こだわりの造作家具、手仕上げの内装を一つ一つ手作りで、人の手で作っていくには、やはりとても長い工期と手間が必要になります。

では、1つの現場あたりで最も長い時間を過ごす職人さんは誰でしょうか。

そう、大工さんです。各現場に1人の大工さんが棟梁として毎日現場を叩き、状況に合わせて応援の大工さんを呼び、お施主様や担当監督とコミュニケーションを取りながら効率よく現場作業を進めておられます。

スムースでは信頼のおける大工さん達と家づくりをしています。
ここでは、この場を借りてスムースの大工さんを紹介します。

まずは堀大工さん。

最も長くスムースの大工さんとして家づくりをしてくれているベテラン大工さんです。他の大工さんが分からないことがあれば、まずは堀さんに電話で相談しようとなるくらい周囲からの信頼が厚いです。本年度よりスムースパートナーグループの副会長として、より一層の活躍が期待されています!

次は馬場大工さん。

馬場大工さんは仲間の大工さん達とのチームワークが素晴らしいです! また、馬場さんは特に仕事が丁寧で、そつなく現場を納めてくださります。細かい仕事には抜群の腕前を発揮してくださる大工さんです。

続いて、吉田大工さん。

吉田大工さんは物腰柔らかで人当たりが良く、お施主様からとても信頼を頂いている大工さんです。疑問に思ったことはとことん考えてくれる大工さんです。また周囲の事をしっかり考えて行動されていて、献身的な姿勢で現場を円滑に進めてくださります。

最後は的場大工さん。

的場大工さんは、現場監督を経て大工さんになられた経歴の持ち主で、監督としての経験や知識を活かして大工さんとしての仕事をこなして下さります。目の付け所が鋭く、細かい所まで気づき行動してくださる大工さんです。

ここでは以上となりますが、家づくりは1社にしてならず。
この他にも沢山の大工さん職人さんが係わり、スムースの家づくりを支え、共に同じ想いを共有してくださっています。信頼できる仲間達とだからこそ自信をもって家づくりに関わることができています。


masatokishimoto

岸本 真聡 二級建築士 / 現場担当

滋賀県大津市生まれの琵琶湖育ち。少年時代は図工の成績が特によくて、少年時代は漠然と物創りがしたいと思いながら過ごしていました。14歳の時に建築の道を思い立ち、高校は建築科、大学は住環境デザインを専攻。色々寄り道しつつもある時一念発起で2級建築士を取得し、その直後に市川さんと出会いスムースに入社しました。現在は現場監理をさせていただいています。