スムースで現場管理をしている山本です。

前回と同様に現場管理の仕事を少しでもわかってもらえるように、中間検査後の断熱工事を説明させてもらいます。

①スムースの天井と壁の断熱は、セルロースファイバー吹き込み工法を標準としています。下の写真がセルロースファイバーで、新聞古紙からリサイクル生産される断熱材です。


事前に、セルロースファイバーを吹き込む壁と天井に不織布シート(マスクと同じ素材で通気性があるシート)を貼って、タッカー(ホッチキスの針の大きい物)で留めていきます。

 
②不織布シートの内側にセルロースファイバーを吹き込んでいきます。吹き込みは、この機械を使って行います。


 
壁は柱の間いっぱいにセルロースファイバーを吹き込んで 100㎜以上の厚みを、天井は 250㎜の厚みを確保できるようにします。

 
③セルロースファイバー断熱前の注意点は、換気扇などの外部に抜けるパイプ、電気配線を事前に施工して隙間を埋める作業をしておく事です。セルロースファイバーがこぼれずに隙間なく施工できます。


 
④床下の断熱は、高性能な床用断熱材ネオマジュピーの厚み66㎜を使用しています。気密性を良くするために、気密テープでジュピーと土台、大引との間を気密処理します。


セルロースファイバーを選ぶ理由は断熱性能はもちろん、調湿作用、防音効果も期待できる断熱材で、施工する技術者は信頼のおけるパートナーがしてくれるので安心できます。

———————

これまでのブログはこちらから

現場管理の仕事① 基礎工事
現場管理の仕事② 土台設置工事
現場管理の仕事③ 上棟作業
現場管理の仕事④ 給排水設備工事
現場管理の仕事⑤ 中間検査

 
こちらの記事も合わせてご覧ください!
断熱工事前の下準備(通気層を確保する工事の話)


kazunoriyamamoto

山本 一範 工事部長 / 二級建築士

滋賀県大津市生まれ、大津市育ち。
高校卒業後、整備士専門学校を経て、自動車整備の職に就く。自動車整備の仕事に就きましたが、1から物作りにチャレンジしたいと思い、建築の専門学校に通いはじめる。2級建築士の資格を取得し住宅会社に10年務めて、もう一度新しい環境で建築を勉強したいと思い、市川さんとの出会いでスムースに入社することになりました。