外で過ごすことが気持ちいい季節になったのに、安心できない日々が続き気分が晴れないですね。お出かけも中々できないので、家の中でできる楽しいことを探す毎日です。我が家には、段ボールハウスや紙粘土など、子どもたちのいろんな作品が増えていきます。

そんな家で過ごす毎日が心地よくなるように、スムースでは家づくりのお手伝いをしています。心地良く過ごせる要素のひとつに「素材えらび」があります。

スムースではできるだけ自然素材を使い、そして私たち自身にも環境にもやさしくいられるように国産の材料をつかっています。永く家族で時間を過ごし暮らしていく家の素材、とても大切な要素です。

 
素材のひとつである床材、フローリング。
スムースでは、国産無垢材のフローリングを標準採用していますが、その中でも「栗」と「杉」をご紹介。

「栗」は広葉樹のひとつ。木目がとても美しいのが魅力です。


そして、昔は線路の枕木に使用されていたくらい硬くて耐久性に優れています。無垢材は傷つきやすいことを心配される方もいらっしゃいますが、「栗」は傷もつきにくいのでそんな方にはお勧めです。硬いので少しひんやり感じますが、月日が経つごとに色味も変化し、味わいが増していくので、お手入れするたびに愛着も増していきます。

そして、もうひとつの「杉」。栗とは全くちがった性格です。日本人にとってはとても馴染みのある素材。


栗とは対照的でとても柔らかい素材なので、肌触りが心地よく、空気をたっぷり含んでいるので保温性に優れ、裸足で過ごしてもあたたかく感じます。香りもホッとさせてくれる要素のひとつです。ただ、柔らかいがゆえに傷がつきやすいという性格も持ち合わせています。でも、そんな傷も家族の成長の記録。あたたかい家を求めている方にはとてもおすすめです。

家の中でも肌が触れる大部分を占める床材。
ここが、自然素材でできているか石油製品を使った新建材でできているかで、家の中の心地よさは全く変わってきます。お手入れが大変そうと思われる方もいらっしゃいますが、子どもでも塗ることができ、自然由来のワックスを気が向いたときにかけるだけ。お手入れをしただけ愛着も増していく、とっても良いものです。

現在リフォーム進行中の家も、大工さんが丁寧にフローリングを敷いてくれました。一つ一つ表情のある木目が美しい栗のフローリングです。


壁には珪藻土を施工中。これもとても室内環境を快適にしてくれる素材。スムースでは「湯布珪藻土」を使用しています。北海道産の珪藻土と大分産の珪藻土を自然素材だけて固めたもの。室内を60%前後に調湿してくれ、快適な室内環境を保ってくれます。室内干しをしても、カラッと乾かしてくれる優れものです。職人さんの手によってできる質感で、光のあたり方によって見え方も変化します。

家を構成している大切な素材。素材のもつ、良いところ、得意なところ、苦手なところ、そんないろいろな面を知ってから、自分たち家族に合う素材を採用して欲しい、そんな想いから、詳しいセミナーも定期的に開催していますので、ぜひ参加してみてくださいね!

早く子どもたちを、外で思いっきり遊ばせてあげたいですが、もう少し家族で家の中で楽しいこと見つけながら、過ごしていきましょう。


yuoku

奥 友 設計部 / 一級建築士

滋賀県生まれ滋賀県育ちの生粋の滋賀県民。使用方言はもちろん滋賀弁。小さいころ公文に通っていたおかげなのか数学が好きになり、理系の道へ。大学は建築学科を専攻。大学では全く勉強についていけず落ちこぼれで飲み会に全力を注いでいたけれど、そこから紆余曲折あり、運よく建築士の資格を取得し、夢だった設計の仕事をさせてもらっています。