スムース初めての自社モデルハウスを建てることになり、2020年10月から工事がスタートしました。現場の工事進捗や、日々の出来事など、完成までの道のりをこのページに配信してまいります! 

【2020.10.15更新】


2020.10.15

基礎立ち上がり打設前監査。
基礎のコンクリートは床部分と壁部分を2回に分けて打設します。基礎の壁部分に基礎と建物を繋ぎとめる金物をセットしてからコンクリートを打ちます。今回は、デュラルコートという特別な錆止め表面処理をした構造金物を採用しました。

 

 

2020.10.13

配筋検査。
基礎のコンクリートの中には構造計算によって設計された鉄筋の骨組みが組まれています。その配筋が規定通りに施工されているか、瑕疵保険機関と外部監査機関の検査を受けています。

 

 

 

 

2020.10.8

いよいよ基礎着工。
いつもお世話になっている草津の基礎屋さん。
朝から雨が降っていて生憎のお天気ですが、建物の周りに杭を立てて板を渡して「やり方」という基礎の配置と高さを示す基準を作る作業中です。

 

 

2020.10.2

地鎮祭。
スムース社員揃って地鎮祭。
神様を土地にお迎えして工事の安全を祈願しました。

 

 

2020.9.28
地縄。
設計士と現場監督で敷地に建物の形状に縄を張って配置を確認します。

 

 

 


masatokishimoto

岸本 真聡 工事部 / 二級建築士

滋賀県大津市生まれの琵琶湖育ち。少年時代は図工の成績が特によくて、少年時代は漠然と物創りがしたいと思いながら過ごしていました。14歳の時に建築の道を思い立ち、高校は建築科、大学は住環境デザインを専攻。色々寄り道しつつもある時一念発起で2級建築士を取得し、その直後に市川さんと出会いスムースに入社しました。現在は現場監理をさせていただいています。