Pocket

こんにちは。スムースの中村です。

8月もあと少し。この夏はコロナに加えて雨も続き、家で過ごされた方も多かったのではないでしょうか。滋賀県など緊急事態宣言地域も増え、まだしばらく続きそうですね‥

さて、今コロナ禍でおうち時間が増えてペットを飼い始める人が多いそうですが、我が家も昨年の冬に猫を飼いはじめました。猫を飼うのは初めてで、まだ未知の部分も多いですが、今回は我が家の猫との暮らしを少しご紹介したいと思います。

また、スムースの施主様のなかにも猫ちゃんやワンちゃんと暮らしておられるご家族が沢山おられますので、建築事例写真から一部ご紹介させていただきます。


信楽の家より。レンジフードにのぼっている猫ちゃん。)

 

猫(名前はリズ)がやって来て8ヵ月。

猫も家族もお互いが心地よく暮らせるようにと試しながら、なかでも生活スペースをどう確保するかこの8ヶ月は様々な変化を経ました。今、ごはん&水皿・猫ベッド・爪とぎ・トイレなど、それまでになかった新たなスペースが定着しています。

ゲージはなくてもお互い自然に問題なく生活できるようになって今は置いておらず、キャットタワーは置いているお家もありますがうちは狭くなるので代わりに棚の上など登れるようにしています。

ひとつひとつはそんなに大きなサイズではありませんが、部屋が狭くなり動線がわるくなったりして初めは模様替えをよくしていました。

次第にお互いが居心地よい定位置に落ち着くようになりましたが、やはり毎日過ごすLDKが雑然としがちで、もう少し部屋が広かったらとか、視線が届きにくいスペースがあればよかったと思うことがあります。


(こちらの建築事例は今後アップ予定。国産杉の引戸に設けた猫ちゃん出入口。戸の隙間を開けておかなくてもよく、それにかわいいですね。)


ですので、これから家づくりを予定されていて、猫ちゃんやワンちゃんを飼っていたり飼いたいと思っておられる方は、ぜひ必要になると思われるスペースを含めて計画されることをおすすめしたいです。

猫ちゃん・ワンちゃんの反応など実際に暮らしてみないとわからない部分もあるとは思いますが、暮らしやすさにつながるのではと思います。

上の写真のような出入口やキャットウォークなど合理的で楽しい、プラスアルファの仕掛けもあると素敵ですね。


草津の家2より。無垢の床はワンちゃんも気持ちいい。)

 

トイレは洗面室だと洗濯機音で猫が落ち着かないとよく書かれていますが、我が家の猫はどうも問題なさそうなので洗面室に。

スムースで家を建てられた施主様の中には、猫ちゃんやワンちゃんの専用スペースや換気扇を設けられた方もおられ、本当にあったらいいなぁと思います。


一里山の家4より)


一里山の家4より。2階ホールにワンちゃん専用スペースを。上は収納に。)

 

最近、水は給水ホルダーを購入して取り付けられるよう木で作ってみました。

小さな子猫だった我が家の猫も今では大きくなり、すっかり家族の一員です。可愛い姿をみていると、猫がいる暮らしって何とも面白く、家族の心も柔らかくしてくれるとつくづく感じます。

猫の種類や個性、家族の生活スタイルによって、猫との暮らし方は家族ごとに違うと思いますが、その家族ならではのかたちになっていく度に、居心地がよく愛着を感じる暮らしが生まれるのではないかなと思います。

スムースではご家族の暮らし方に寄り添った家づくりを行っています。猫ちゃんやワンちゃんとの暮らしを楽しむ家づくりもぜひご相談ください。

 

#猫がいる暮らし #木のある暮らし
#無垢フローリング #自然素材
#家づくり #造作家具建具

 

中村 朋子 マーケティングチーム

夫と娘との3人暮らし。雑貨や家具の販売、学校事務などを経てスムースへ。スムースに在職中に産休をいただき、その後、復帰。子育ての大変さを身をもって感じながらも、子どもの姿にホッとして毎日過ごしています。スムースでは、スムースのことを伝える仕事が多いのですが、 周りの人に知ってもらうために、まず、自分がちゃんと知ることを大事にしたいと思います。