全国的に緊急事態宣言と一部を除く休業要請が解除となり、まだ不安な想いもありますが、ようやくいつもの日常が少しづつではありますが感じられるようになりましたね。

本当なら新緑や若葉が輝き、外にお出掛けしたくなる季節ですが、今年は自粛のために学校の休校や、自宅でのテレワークを余儀なくされ、家で過ごす時間が多かった事だと思います。
いつも忙しい毎日を過ごされている方にとっては思いがけず、おウチ時間がたっぷり取れた事で、いつもは手の回らない所の掃除を大掃除並みにやったり、断捨離をしたり、新しい料理のレシピにチャレンジしてみたり、せっかくならば色々やってみて、今だからこそ楽しもうと過ごされた方も多かったのではないでしょうか?

我が家もまさにそうでした。

 
子ども達も家の中で自由に過ごし、こんなに長い時間、一日中一緒に過ごす毎日は本当に久しぶりで、10年振りくらいでしょうか‥ 以前は子ども達が幼稚園へ通いだす前の頃でした。

また、その頃を懐かしく思い返してみたりしておりました。当時と比べれば、もうあんまり手もかからず一人で何でもできる年齢となり、体格もずいぶん大きくなっています。

当時、家の中で大切に思っていたのは、家事をしながら目の届く範囲で遊ぶ姿が見える安心だったり、角で頭をぶつけてしまわない様に、つまづいてしまわない様に安全である事でした。それらにとても気をつけていました。

 
しかし、今ではそれよりもリビングに居ながらも、それぞれが楽しくゆったりと過ごせる距離感が欲しい‥ と、このステイホーム中に感じました。

つまり何が言いたいかと言うと、当然なのですが家族は日々成長します。年齢、ライフステージが変われば家での過ごし方も変わり、家に望む事も変わっていくと言うことです。

たっぷりと家で過ごしたこのステイホーム期間中に、家の模様替えをしたくなったり家具を新調したくなったり、そんな風に思われたならば、ライフステージが変わり暮らし方を少し見直す時期なのかもしれません。

 
スムースでは、家族のこれまでとこれからをつなぎ、日々の暮らしがやさしくなるきっかけをつくる家づくりに取り組んでいます。家の構造材として使用される木材や、室内に使用するフローリングや壁紙材などの多くに国産材を使用し安全に。また、“ 暮らしの道 ” と呼んでいる、暮らしが楽しくなる動線づくりや、光の道、風の道もデザインして快適に。心地よい暮らしの実現に向けて、今も、10年後も20年後の暮らしも一緒に考え、お造りさせて頂きます。


家づくりをこれから始められる方も、ライフステージの変化をきっかけに暮らし方を考えはじめられた方も、是非一度スムースへご相談下さい。

最後になりましたが、自粛期間は終了しましたがもう少し気を緩めず、コロナ後の新しい日常が早く訪れますように。

 
 
/////////// information ///////////

期間限定モデルハウス「住み継ぐ家」
2020年6月1日(月)~6月30日(火)

栗東市にてリノベーションさせていただいたお家を借りし、期間限定のモデルハウスを開催させていただきます。ぜひお越しください!

↓↓ 詳しくはこちら
https://sumus.jp/openhouse/746/


kazumiyoshimori

𠮷森 寿実 設計部

滋賀県大津市生まれ、大津市育ち。2児の母。 家から山々も琵琶湖も見える湖岸近くの自然豊かな風景の中で育つ。小さい頃から、いろいろなモノを作るのが好き。素材を見るのが好き。素材から何をつくろうかなど思いをめぐらせて考えるのが好き。そんな事から物づくりをする仕事に憧れる。家具メーカー、家庭で子育てに専念する期間を経てスムースへ