クリスマスも終わり、あっという間に年の瀬。
世の中のサンタさん、任務お疲れさまでした。
バタバタと過ぎ去る日々がなんとも師走感を増す12月。
12/18(月)この日は、暮らしの会JoyFlowerWorks Shihoさんの【しめ縄づくりの会】を開催しました。

新たな年に自分の作ったしめ縄飾りで年神様のお迎えを。
藁は、年神様に家に留まってもらうという意味があります。
稲穂は新年の豊作を願って。
丸い形は角がなく、穏やかで円満であることを意味します。


それぞれひとつずつ自分の気に入ったものを選び制作START。
バランスの良い場所はどこだろう。
どう飾れば感じよくなるかな。
それぞれ思いのまま、もくもくと作業してくださいました。

売っているものを買って飾るのもよいけれど、
あえて自分で作ってみる。
そうすると、ものづくりをいろいろな角度から楽しめます。

こうするといい感じ。
こうすれば素敵に見える。
小さな気付きが、日々忙しく動いている頭をリフレッシュしてくれます。


みなさんとびっきりの素敵なしめ縄飾りが完成しました。
ご存知の方もおられると思いますが、しめ縄飾りは、新しく年が明ける前の12/25~28日ごろに飾るのが良いとされています。
29日は9が苦となり縁起が悪いとされ、31日に飾るのも「一夜飾り」と言って神様に失礼だと言われています。
ぜひ、飾られる方はご参考にしてくださいね。

今年一年はどのような1年になったでしょうか。
来年も皆様にとって、より良い年となりますように・・・。
今年暮らしの会にお越しくださいました皆さま、講師の皆さまありがとうございました。
そして、新たな年も、少しでも心のこもった暮らしのきっかけを提案していけるよう、暮らしの会を開催していきます。お楽しみに。

【2018年の暮らしの会LineUP】
●2018年1月29(月)薬膳 冬の会 by はれベジ+
●2018年2月13(火)チョコレートケーキの会 byラシェーヌ

各種先着順にてご予約承り中です。詳しくは暮らしの会ページにてご確認ください。
※年末年始(12/29-1/4)のお休みの間、ご予約のお返事は1/5営業日以降となります。ご了承ください。

Yumiko Ichimoto

市本 由美子 マネージメントサポーター

滋賀県草津市育ち。滋賀が好き。いつか琵琶湖(海)の見える街に住みたいと思い続け、現在毎日綺麗な夕日が見える湖岸近くに住む2児の母。子どもたちと小さな楽しみを探すのが大好き。小さな頃、広告などの間取りをみては妄想し夢を膨らます。家で図面を書く祖父や母の姿を見て育った影響を受け建築の学校へ。卒業後も、結婚出産してからも、どんなカタチでも建築と携わっておきたいという想いのもと働いています。