人と地球にやさしい家
「つなぐ」 誕生

子どもたちに
のこしてあげたい
ものがある

心地よく暮らすことで自分にも家族にも優しくいられる。
夏涼しく冬暖かい家は最小限のエネルギーで心地よく、地球にも優しい。
家に使われている素材は国産で土に還る安心できるものばかり。
無垢のあたたかみを感じながらお気に入りの場所にすわると、庭の様子や聞こえてくる鳥の声、光の表情から季節の移ろいを感じとれ、そこからはご機嫌に遊ぶ子どもの姿が見える。
庭に植わった木々は、夏には木陰をつくり、冬には日差しを取り込んでくれる。

そして春にむけ新芽を出しはじめたとき、その変化に気づくのはいつも子どもが最初。
子供と一緒に庭で水やりをしながら、登校中の小学生に「いってらっしゃい」と声をかけご近所さんと会話を交わす。
安心できる環境がある。
5年経ち10年経ち、その木々が成長したとき、いつの間にか日々の暮らしが自然の循環のなかにある。
子どもたちに残してあげたいものがある。
人と自然と未来をつなぐ暮らし方がここにあります。

人と地球にやさしい家
「つなぐ」

『つなぐ』は、人と自然と未来をつなぎ、安心する暮らしを実現するため、土に還る自然素材を中心に使っています。日本の森を守るため、木材はすべて国産。壁や天井には、天然の湯布珪藻土や和紙、自然塗料を用い、他にも陶器やガラス材を選んでいます。もちろんまだ全てが土に還る素材ではありませんが、自然素材をできるだけ積極的に使うことで 数百年経ったとき、家自体が処理できないゴミにならない配慮を根底とし、プラスチック製品をつくるエネルギーの低減など、一次産業や加工工程においても環境への配慮を行き届かせています。

こういった地球への配慮はもちろん、自然素材には家族の身体と心の健康につながるという大きなメリットも見逃せません。さらに『つなぐ』は、夏涼しく冬暖かい高断熱&高気密なパッシブハウス。建物をすっぽり断熱材で包み込む魔法瓶のような造りでエネルギーをなるべく使わずに快適な室内環境を保ちます。森と湖、山と海、木々と水と空気、わたしたちの住む場所はすべてつながっているから。自然のなかに建ち、自然のなかに還るをコンセプトにやさしくて安心できる家づくりをめざしています。

「つなぐ」テーマ01
自然と人が安心する
詳しく見る
「つなぐ」テーマ02
呼吸する木の家に住む
詳しく見る
「つなぐ」テーマ03
ていねいな暮らしの提案
詳しく見る
「つなぐ」テーマ04
次世代につなぐ地域貢献
詳しく見る
OMXのしくみ

エネルギーを自給し、
365日、暑さ寒さのストレスから解放。

OMXでは、自らエネルギーを作りながら、一年を通して、省エネで快適な温熱環境を実現します。太陽光発電、床暖房、全館冷房、排熱利用給湯、そして熱交換換気。暮らしに好ましい温度変化を自動制御し、住まい手に健康と快適さを提供します。
さらに、OMXでは自宅で消費する電力を太陽光発電で賄うことができるので、月々の支払いは同じでも、建築予算をグレードアップすることができます。

太陽熱による暖房

晴天時には屋根で集めた太陽の熱を室内に取り込んで暖房します。給湯はヒートポンプを利用します。

ヒートポンプ冷房と排熱利用給湯

夏はヒートポンプを利用して冷房しながら、室外機から発生する熱を利用して給湯します。室内の空気は熱交換したうえで屋根から排気します。

毎月の総支払額でみる資金計画事例

毎月の支払い 家賃(ローン) 光熱費 建築予算※
普通の家の資金計画 95,000円 80,000円 15,000円 2,650万円
OMXの資金計画 95,000円 95,000円 0円 3,147万円

※ 住宅ローン金利を35年 1.41%で試算

「つなぐ暮らしの選択」が
持続可能性を実現する

Method 1

危機的な状況を改善する
ライフスタイルへ転換する

  • 自然環境破壊
  • 生物多様性の損失
  • 地球温暖化問題
  • 天然資源の枯渇

持続可能な
開発目標(SDGs※)を
踏まえた行動を進める

+

Method 2

新しい価値観へ向けた
アクションプランの起点

1

世界を想い think global

持続可能な地球の姿を想像し
「誰ひとり置き去りにしない」

2

地域で示す act local

地域循環型社会に向けた
自分たちの行動を継続する

+

Method 3

地球1個分の暮らしを
未来へつなぐ

私たちの暮らしを支える基盤となっているのが自然。
自然の恵みをいただいて、地球で暮らす一員として我々は食し、住み、暮らしが成り立っているのです。
日本の暮らしでは「地球3個分」の自然資源の消費が日々行なわれています。
まずは「地球1個分の暮らし」を目指し、それが持続可能なものになることを住まい方を通じて貢献する。
「作る責任・使う責任」を通じて暮らしの豊かさが何世代も続く世界を目指しませんか。

sumu_sus

「地球一個分の暮らし」をキーワードに
豊かなライフスタイルによって
自然との共生が加速する。
住まいと持続可能性がつながった
「スムース_サスティナブル」が
スタートしました。

つくる責任

事業を通じて持続可能な
社会への取り組みの
実際的な作用を明確に示す

つかう責任

お客様が持続可能性に
「気づき・知り・行動できる」
賢い暮らしぶりの拡大を推進する

SDGsとは

人間活動に起因する諸問題を喫緊の課題として認識し、国際社会が協働して解決に取り組んでいくための普遍的な17 の目標「持続可能な開発目標」が採択されました

スムースの三方よし

人よし 自然よし 未来よし

今回、誕生した「つなぐ」はわたしが求めている何でもない、でも大切な日々を送るためにスムースみんなで作り上げたふるさとの土台です。スムースのわたしたち自身が心から住みたい家、家族のふるさととして相応しい自然と共存できる家、未来の子どもたちのために環境に配慮した家、今の時代に求められる本物の家を誕生させました。最近、耳にすることが多くなってきたサスティナブル。意味は「持続可能であること」ということ。2017年にスウェーデンへ伺った時に現在の地球環境が危機的な状況であること、国でエネルギー問題に取り組んでいること。そして、国連で採択された世界共通で持続可能な社会を実現する為の目標SDGs(エスディージーズ)があることを知りました。人々が目指していることは未来の子どもたちに安心して暮らす環境を作ろうということ、誰一人置き去りにしないという考えに共感し、いまここから本気で取り組みたい、そんな想いが強くなりました。

わたしたちは琵琶湖という豊かな自然に恵まれた滋賀県で家づくりをしている企業だからこそ「持続可能であること」に前向きでありたいと思っています。スムースの「三方よし」を大切にして家族の幸せから生まれる暮らしは心の豊かさであり、人々のふれあいの豊かさにもつながりやがて地域から日本の未来へと発展させる。地球を見つめ、未来を見つめ、人の豊かさ、経済の豊かさ、自然環境の豊かさの持続可能な循環社会を皆さんと共に叶えます。

株式会社スムース代表取締役 市川正和

テーマ01

自然と人が安心する

自然・天然素材の採用

ビニールクロスや合板フローリングなどシックハウス症候群のおそれのある素材は使用せず、床には無垢材、壁には湯布珪藻土や和紙の壁紙を採用し、塗料は植物性としています。フローリングや造作家具の仕上げも蜜蝋ワックスを使用し自然素材にこだわっています。手に触れ、足に触れ、呼吸する。何でもない毎日も安心して暮らせます。

地震の不安がない構造計算

法令で求められる最低限の構造の根拠にとどまらず、全物件許容応力度計算を実施しています。基礎には地中梁を施工し、鉄筋を細かい間隔にするなど安心の構造を提案しています。地盤調査を実施し、地盤が弱ければ適切な改良を行った上で基礎工事に着工します。基礎は幅が15cm、立ち上がり40cmの『ベタ基礎』を採用しています。

快適で健康で、家計に優しい

家族の健康を持続可能なカタチで実現するための取り組みとして365日、暑さ寒さのストレスからの解放を目指し、実現したのが「OMX」です。1台で暖房を含む、冷房・給湯・熱交換換気の機能を持ち、一年を通じて快適な温熱環境を実現します。エアコンはなく、エコキュートと太陽光発電のシステムを利用し、光熱費0円を実現します。

「暮らしの道」という心地よさ

光の道、風の道、空気の道、目線の道、心地よい暮らしにとって大切な道、それをスムースの家づくりでは「暮らしの道」と呼び、大切にしています。陽だまりのある窓辺に家族があつまる、爽やかな風が家の中を通り抜ける、あたたかい部屋の温度がずっと保たれる。そんな「暮らしの道」がととのった家族が心地よく暮らすことのできる家を目指しています。

×

テーマ02

呼吸する木の家に住む

国産材

スーパーでは原産国を気にするのに、家づくりでは気にしない人がほとんど。今、家を建てる時に使われる木のほとんどが外国産材です。スムースでは国産材を使用しており、土台に檜、柱と梁に杉を選択。国産材を使う事で林業が活性化して、森を育て日本の山々を守っていくことに繋がります。外国産材は運送にもエネルギーを使い、地球環境へのCO2排出問題など影響を与えています。

セルロースファイバー

セルロースファイバーは、新聞古紙からリサイクル生産される断熱効果・調湿効果・吸音効果に優れた環境配慮型断熱材です。ホルムアルデヒド・VOCの放散実験においても無垢の木材と同等 の安全性が認められ、難燃処理により万一火災があっても延焼を防ぎ、有毒ガスの発生もありません。地球資源の循環を促す資材の活用によって、安全と快適性、地球に貢献しています。

自然素材の壁「湯布珪藻土」

珪藻土とは、植物プランクトンの一種が海や湖の底に蓄積し、化石になった土のことです。表面はナノサイズの小さな孔が空いていて、部屋の湿度をコントロールしてくれます。快適な湿度は40%〜60%とされており、夏は吸湿し、冬は壁に水を吹きかけると放湿して湿度を上げてくれます。快適な湿度環境と冷暖房の効果を向上させています。

熱交換型換気システム

C値とは建物にどれだけの隙間があるかを表し、気密性能を示します。値が小さいほど、住宅の隙間が少ないので、熱の出入りが少なく断熱性能の高い家になります。平均C値は0.5〜0.7m²。そして大事なのが換気です。ダクトレス熱交換型の第1種換気で外の空気を適切な温度で室内へと取り込み、冷暖房負荷を下げてCO2排出削減になっています。

×

テーマ03

ていねいな暮らしの提案

家族参加型の家づくり

家づくりを進めていく中での『コトづくり』を大切にしています。家をつくることは、家族にとって一生の中でもとても特別な時間です。そんな時間を私たちが共に過ごせることに感謝し、かけがえのない家族の想い出をたくさん残せる家づくりをしたいと考えています。この未来へとつながる一歩がやがて愛着を抱き、大切にする気持ちをはぐくみ、次世代への価値へと繋げます。

お母さんのために
今やるべきこと

スムースはお母さんの問題を解消することを使命としています。子育てや家事など、慌ただしくすぎる毎日。家族と過ごす何でもない日々の生活が一番だとわかっています。家はふるさとの土台であり、ていねいな暮らしが心を豊かにします。「健康・教育」をテーマにお母さんの為に家づくりと、豊かな暮らしぶりを達成するための日々の過ごしをテーマとした様々な会や取り組みをしています。

草津からの地域貢献が
滋賀へ、日本へと

日本を元気にをスローガンに、草津の地域と共に、我々の取り組みを通じて盛り上げるさまざまな地域貢献に積極的に参画しています。例えば地域の安全安心を担う消防団の所属。街の快適性を高めることを願い、「草津市おむつ交換所」などといった地域の住みやすさを高める運動への参加。また少年野球や地域の保育園などへの協賛を通じて次世代を担う子供達の豊かな心作りに貢献しています。

カーボン・オフセット運動

カーボン・オフセットとは、CO2の削減に努めつつもどうしても削減できない分のCO2は、CO2削減・吸収の取り組み(植林や間伐などの森林保護活動や省エネルギー活動など)を支援するという形で、CO2排出量削減に貢献することです。NPO法人環境共棲住宅 地球の会の活動として「日本の木の家認証 カーボン・オフセット認定制度」に賛同し、その普及促進活動を行っています。

×

テーマ04

次世代につなぐ地域貢献

日本のふるさとをめざした
「スムースマルシェ」

毎月第1日曜日に、スムースの敷地内で開催しているスムースマルシェ。自家焙煎珈琲・パン・無農薬野菜・オーガニックフード・花・お菓子・アクセサリー・ワークショップなど、 自然や体に優しいこだわりのお店や体験が集まります。誰が作ったモノを食べるのか、誰から買うのか。何に触れて、どのように使い続けるのか。どんな場所で、どんな想いで暮らすのか。ふと、そんなことを考えるきっかけの場になればと願っています。

ワークショップ
「暮らしを楽しむ会」

毎日の暮らしの中でいつも頭の中にあるのは家族のこと。家族のことを一番に想う一生懸命なあなたにとって、少しだけの自分優先の時間がリフレッシュの場になることを願い、毎月行っているワークショップ「暮らしを楽しむ会」。薬膳・お菓子・お花・革小物・写真・・・etc、毎回素敵な講師の方をお迎えし、暮らしを楽しむきっかけにしていただければと開催しています。

職人さんたちも共に学ぶ
「パートナーグループ塾」

家づくりはスムースのスタッフだけでは到底作り上げることはできません。沢山の職人さんたちの手によってカタチとなっています。大工の仕事、左官の仕事、日本の受け継がれた技をつないでいくのは地域工務店の使命です。スムースパートナーグループでは月一回の勉強会を開催し、安心な暮らしを願うメンバーが技と心を磨くことを大切にしています。

志を共にする全国の
工務店の会「地球の会」

全国のトップランナーが集まる「NPO法人環境共棲住宅 地球の会」に所属しています。国産材を積極的に活用することで、日本の森林資源を保全する。そのような志を持つ工務店が集結し、循環型社会の構築を推し進め、地球環境の改善に寄与しています。工務店業界の発展が地球環境の改善につながると考え、家づくり、人材教育においても取り組み研修に共同しています。

×

Secured By miniOrange