コンセプトハウス「住み継ぐ暮らし」 | 株式会社スムース

Sumus BLOGブログ・読みもの

12/19 グッドデザイン賞受賞記念イベントでわかること

皆様、こんにちは。 本日は、12月19日(日)開催のグッドデザイン賞受賞記念イベント「グッドデザイン・グッドライフ」のお話です。 スムースのコンセプトハウス「住み継ぐ暮らし」がグッドデザイン賞を受賞し、今回開催することになったこのイベントですが、沢山スムースを知ることが出来、うれしい特典や素敵な商品をお持ち帰りいただけるチャリティーも開催される楽しいイベントです♪ 本日は、その中から午前10:00、午後14:00の1時間、2部限定のセミナーをご案内します。 このセミナーは、すでにスムースを知って下さっている方にも、これからスムースと出会う方にも、短時間でスムースが大切にしている事を全て知ることが出来るセミナーになっています。 何といっても、今回特別なのはスムースの設計士、外構設計士の話をお聞きいただけることです。     まずは、私 須田からスムースが家づくりでご家族にお届けできる家づくりの想いをお話させて頂きます。私たちが何のために家づくりをしているのか、その想いを感じて頂けます。 設計士からは「暮らしの道 デザイン」について、実際にコンセプトハウスの事例を交えな…

家づくりイベント  | 2021.12.10

宿泊体験のススメ

2021年度グッドデザイン賞を受賞したコンセプトハウス「住み継ぐ暮らし」。 このコンセプトハウスは、随時ご見学をしていただけるのですが、宿泊もしていただけることをご存知でしょうか?   宿泊って何するの? 宿泊したら家の購入を決めなければいけないの? 何がメリット?どんな得があるの?   など、ちょっとわかりづらい部分や聞きづらいところもありますよね? そこで今日はスムースの宿泊体験についてご紹介したいと思います。 まず宿泊体験とは、実際にスムースが建築した家に家族で「住んでみる」体験をすることです。オープンハウスのように行った時間だけの家を見るのとは違い、夜も朝も色んな時間の家の様子を見ることができます。   夜の音、朝の光…  1時間の通常の見学ではわからなかったことが見えてくるのです。 そしてそこで食べて、寝て、起きてと生活をしてみることで、体や心が素直に感じることに気付くことができるかもしれません。 家という大きな買い物は、買うという決断するまでにたくさんの葛藤があると思います。納得し、安心して決断していただきたいので、この宿泊体験を行っています。…

家づくりイベント  | 2021.11.18

コンセプトハウス「住み継ぐ暮らし」がグッドデザイン賞受賞!

この度、弊社のコンセプトハウス「住み継ぐ暮らし」が、2021年度グッドデザイン賞を受賞いたしました! 地産の材料や経年変化により味わいを増していく自然素材を採用し、職人さんの丁寧な手仕事によるしつらえに囲まれた暮らしや、四季を感じるウチとソトの繋がり。そして、そこに暮らす家族がお手入れをしながら愛着を持ち、永く住み続けられるということ。 そんなサスティナブルな住まいの在り方に評価をいただきました。   下記、審査委員からいただいた評価コメントです。 「メンテンナンスフリーの住宅は便利であっても人を自然から遠ざけてしまう。この住宅は、自然素材の経年変化を積極的に受け入れることで、意匠性だけではなく、手入れという作業を通して、住まいへの愛着や、自然との共生意識を強化する仕組みを提案している。住まうということは、それ自体が大切な生業であることに気づかされる。その先には、よく手入れされ住み継がれてきた古民家のような、サスティナブルな住の在り方が浮かび上がってくるようだ。」   その他受賞内容はグッドデザイン賞サイトにて公開していただいています。 https://www.g-…

家づくりの現場  | 2021.10.21

9/27から宿泊体験がスタートします!

家族でコンセプトハウスに 泊まってみませんか?   9月27日(月)から、コンセプトハウスの「宿泊体験」がいよいよスタートいたします! 弊社のコンセプトハウス「住み継ぐ暮らし」に宿泊して、実際にそこでの暮らしをリアルに体感していただける「宿泊体験」。 専用ページを公開し、ご予約も開始いたしました!   宿泊体験ページはこちら ご予約は1週間以上先の日程からお取りいただけます。   ****   時間は夕方から、翌日午前10時まで。 ぜひ、いつも通りの暮らしをしてみてください。 ご飯を食べて、お風呂に入って、 寝る前には家族で団欒。   ご見学とはまた違う、宿泊体験だからこそ感じることのできる発見が待っています。   家族の理想の暮らしを知るきっかけに。 家の仕様や素材、間取り等を存分に感じに。 実際に使って、試して、比べるために。   未来の家族の笑顔のために、 家づくりに大いに活かしいてただきたいと願っております。皆様のご予約をお待ちしております!   ****   コンセプトハウス宿泊体験 2…

家づくりイベント  | 2021.09.18

外構のおはなし⑤ コンセプトハウス外構設計の苦悩(後編)

  ①気配 まずは窓を開放させる方法を検討した。今回は窓に障子が取り付けられる。レースカーテンのように、向こうが透けて見えるわけではないが、そのかわり光と影を感じることができる。できるだけ建物際に植栽を寄せ、影絵のように庭の気配を魅せることとした。     ②狭さを広さに 広さの感覚は視線の抜けによって変化する。同じ広さの部屋でも窓の有無で、開放感や閉塞感は変化する。庭もまた然りである。壁に囲われた庭よりも、部屋とひとつづきになった庭の方が広く感じる。 そこで、縁側をつくり、庭先までコの字型に渡すこととした。 そして縁側の幅を、手前を広く、奥を狭くし、遠近法を用いて奥行きを演出することとした。   ③天井のない部屋 道路や隣地からの視線をカットするために、板塀や植栽を描きこんだ図面をみると、なんだか部屋のように見えた。床があって壁がある。LDKとひとつづきの、もう1つの空間。座りたい場所に緑陰を配置すると、「雑木の部屋」ができた。どこまでも抜ける青天井。解放感の答えが見つかった気がした。   ④日々の暮らしが優しくなるきっかけを 機能的…

家づくりの現場  | 2021.04.30

外構のおはなし⑤ コンセプトハウス外構設計の苦悩(前編)

4月にオープンしたコンセプトハウス「住み継ぐ暮らし」。   建物のプランを見たとき 受けて立たないといけないと感じた。   なぜなら、ソファーがテレビではなく、庭を見ていたから。 なぜなら、そのソファーの前には大開口の窓があったから。   「ソファーに座って庭を眺める。開け放した窓から心地よい風が入ってくる。」 そんなワンシーンを想像した。 なんて贅沢な空間! なんて豊かな時間!   ふと現実に立ち戻り、プレッシャーに襲われる。 窓の外にそれに応えうる庭をつくることができるのだろうか。   そもそもあんな立派な窓、その先に広がるのは田園風景か芝生広場しかないでしょ? この土地にそんなポテンシャルがあるのだろうか?   庭として残されたスペースはさほど広くはなく、道路を挟んで向かいも一般住宅。 道路幅員は4mとやや狭く、借景できる景もない。 側溝が敷地内に入り込み、そのぶん庭が狭くなる。 さらに、庭の一部を駐車スペースとしても活用しなければならない・・・   土地を見た時、囲いで閉じて、プライベートな庭にしたい、狭くて…

家づくりの現場  | 2021.04.30

“地球一個分の暮らし” を叶えるSDGsに基づいた住まい「住み継ぐ暮らし」

皆様、こんにちは。スムースの代表の市川です。いつもスムースを応援してくださり心より感謝申し上げます。この度、コンセプトハウスが無事に完成しました。ここではこの家にかける想いを少しでもお伝えできればと思っております。 2020年2月に始まった新型コロナウイルスの猛威はあっという間に全世界に拡がり、多くの方に影響を与えました。生活や仕事への過ごし方や価値観が変わり、この先コロナ収束した後もこの変化に対する考え方や取り組みが継続されることと思います。 今回コンセプトハウスを建てることになった経緯はやはり、コロナで変化した暮らしが大きな影響を与えています。暮らし方の定義が180度変わったと言っても過言ではない程となりました。 今まで私達の使命である「何でもない、でも大切な日。」を掲げて、家族の日々の暮らしが優しくなるきっかけを創っていく暮らし方を提案してきました。奇しくも世の中の状況は、更に心豊かに暮らすことの大切さが求められる時代になってきたのだと感じています。「心豊か」とは、人に優しく、家族に優しく、地球に優しく過ごすことだと考えます。コンセプトハウスのテーマとなっている「住み継ぐ暮らし」…

社長ノート  | 2021.04.16

コンセプトハウス建築 blog【4/30更新】4/17オープンしました!

2021年4月、自社初のコンセプトハウス「住み継ぐ暮らし」が完成いたしました。このブログではコンセプトハウスの着工から完成までの道のりを随時配信してまいりました。建築過程の様子からスムースの家づくりをご覧ください。 【2021.4.30更新】   2021.4.30 コンセプトハウス「住み継ぐ暮らし」がオープンして2週間が経ちました。 オープンの週末には、沢山のお客様がお越しくださいました。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。 コンセプトハウスは、ゴールデンウィーク中もご見学いただけます。 場所は草津市草津町、スムースの事務所から徒歩3分の場所にあります。 近くにはde愛ひろばやai彩ひろば、ロクハ公園などのんびり過ごせる場所があり、また湖岸にもすぐにでられます。なかなか遠出や人が多い場所は控えたい時期ですが、家族でドライブや屋外でのお散歩など少しの気分転換の時間も持ちたいところ。ぜひ合間の時間にコンセプトハウスへお立ち寄りください。ソファに座って5分、庭を眺めているだけでゆっくりと心落ち着きますよ。   ↓↓ 詳細・ご予約はこちらから https:/…

家づくりの現場  | 2021.04.16

コンセプトハウスの設計に込めた想い 【後編】

まもなく完成する自社初のコンセプトハウス(モデルハウス)「住み継ぐ暮らし」。 いよいよ、4月17日(土)から公開を開始し、ご見学がスタートいたします!(コンセプトハウス特設ページはこちら)   設計を担当した、弊社の奥(おく)に「コンセプトハウスを設計するにあたって大切にしたことは?」を尋ねました。 前回につづく、後編です。 (前回はこちら)     もうひとつは、これまでもずっと大切にしてきた事ですが、「家族の暮らし方を大切にする」ことです。 今回はコンセプトハウスなので、いつものようにご家族にヒアリングすることからではなく、架空の家族をイメージすることから始まりました。   ーーーーー   家族の暮らし方を大切にすること   まずは、お料理が好きなお母さんがキッチンに立った時に、目線の先にあるものを確認しながら想像を広げていきました。   横で絵を描く子どもの様子。 ソファで本を読むお父さん。 庭の木々たち。 キッチンの傍らに自分のスペース。 共働きの夫婦。 仕事から帰宅した時の家族の動き。 荷物を置いて、 手洗…

家づくりの現場  | 2021.04.07

コンセプトハウスの設計に込めた想い【前編】

まもなく完成する自社初のコンセプトハウス(モデルハウス)「住み継ぐ暮らし」。(特設ページはこちらから) いよいよ、4月17日(土)から公開を開始し、ご見学がスタートいたします!   「住み継ぐ暮らし」とは、このコンセプトハウスの名称でありコンセプトでもありますが、今回のブログではその設計に込めた想いをお伝えしたいと思います。 「コンセプトハウスを設計するにあたって大切にしたことは?」という質問を設計を担当した、弊社の奥(おく)に尋ねました。   ―――――――   コンセプトハウスを設計するにあたって大切にしたことは?   「住み継ぐ暮らし」という名の通り、このコンセプトハウスには、そこに暮らす家族が愛着を持ちながら、永く住み続けられるようにという想いが込められています。 そこに至った経緯のひとつに、弊社がこの数年で持続可能なあり方を目指し始めたことが大きく影響しています。 今、SDGsに向けても少しずつ動き始めていてSDGsページも出来ていますので、またよければご覧いただけたら幸いです。   設計にあたってまず行ったのは、そのコンセプ…

家づくりの現場  | 2021.04.07

Secured By miniOrange