コンセプトハウス | 株式会社スムース

Sumus BLOGブログ・読みもの

コンセプトハウスこだわり仕様10選。

今回は現在建築中の<コンセプトハウスのこだわり仕様10選>をご紹介します。 現在はセルロースファイバーの施工も終わり、大工工事真っただ中の現場状況。来年4月の完成が待ち遠しい所です。   1. 焼杉外壁 焼杉とは杉板を焼いて表面を炭化させた板のこと。メンテナンス性が良い(外壁メンテナンスなどのランニングコストを抑えられる)と近年注目されている素材です。 耐久性のポイントとなるのが炭化層の厚み。表面をバーナーで焼くのではなく、三角焼きという技法を使い炭化層を厚くしていきます。 そして、この炭化層が約30年ほぼメンテナンスフリーを実現すると言われています。ここまで優秀な素材でありながらもイニシャルコストはそこまで高くないのも嬉しいポイント。 デメリットとして考えられるのは、あくまでも炭なので触れると黒く汚れるというところ。洗濯物や布団干しなども要注意ですね。あとは施工してくれる大工さんの手や道具が真っ黒になります。笑   2. スーパー白洲そとん壁 そとん壁とは、白州大地の「シラス」から出来ている外壁材。「シラス」とはマグマ噴火と同時に冷やされて火砕流となり堆積したもの…

家づくりの現場  | 2020.12.28

Secured By miniOrange