WORKS建築事例

栗東の家4

栗東の家4

新たな地ではぐくむ家族のふるさと


先っぽがとんがった形の敷地、周りの建物が低いので遠くまで視線が抜ける景色。そんな立地を取り入れながらのプランになりました。交通量のある道路に近いけれど、リビングから広がる緑や空を眺めることができます。お気に入りのオールステンレスのキッチンに立てば、リビングでくつろぐ家族やタタミスペースでお昼寝したりウッドデッキを走り回る子どもたちの様子が見えます。2階にはコンパクトながらも家族4人のそれぞれの個室を配置しました。自分たちが生まれ育った地ではないところで暮らしをスタートさせること、それはたくさんの出会いにより動き出しました。土地や人との出会い、様々な条件が重なったことで家族のふるさととなる場所が決まり、家づくりが始まり、暮らしが始まっていきます。この家には家族の想いはもちろん、この家が完成するまでに出会い、関わらせていただいた多くの人の想いも込められています。

 
  • MORE DETAIL
  • 家族構成:夫30歳代、妻30歳代、長女、長男
  • 建築場所:滋賀県栗東市
  • 延床面積:105.36㎡(31.8坪)

Photographer : 山口健一郎 (山口重雄写真事務所)