WORKS建築事例

一里山の家 3

一里山の家 3

日常の大切な時間にふと気がつく家


家族とたくさん話をして、幼い頃から住み慣れた家にお別れをして、新しく建て直すことを決めました。 そしてお別れの当日には、これまでに「ありがとう。」を伝えました。 新しくなった我が家では、お母さんがお花を生けたり、2人の息子が本を読んだり、 お父さんが外で自分が作った野菜を並べたり…みんなの姿が見えて、家族との距離が近くなりました。 家族の一員となったチャチャもこの家を気にいってくれたみたい。 お父さんが作った野菜を使い、お母さんとご飯を作る。 それを並べて大きなテーブルでみんなと食べるご飯。 なんでもない日常ですが、家族との大切な時間にふと気がつく様になりました。

 
  • MORE DETAIL
  • 家族構成:両親60歳代、母40歳代、長男、次男
  • 建築場所:滋賀県大津市
  • 延床面積:95.02㎡(28.7坪)

Photographer : 山口健一郎 (山口重雄写真事務所)