WORKS建築事例

大津の家

大津の家

太陽と大地。ふたつの恵みと暮らす家。


気持ちの良い朝日を浴びながら1日が始まる。公園がある南面に大きな窓を設けて、冬は暖かい日差しを取り入れ、夏は大きく出した屋根や庇で暑い日差しをカットします。室内からは公園の奥に広がる山の景色を四季の移ろいを感じながら楽しみます。

今回はOMXという全館空調システムを導入。屋根に設けたOMソーラーパネルで太陽の熱を利用し、冬は全館暖房を行い、お湯をつくります。

夏は給湯器から出る廃熱(ヒートアイランド化の原因となる)を利用した冷房も特徴で、一年中いつでも一定の室温を保ち気持ちのいい空間に。ソーラーパネルでは発電も行い、電気も自給自足の生活です。

室内の壁はお馴染みの湯布珪藻土。梅雨時期のジメジメの解消や冬の乾燥も、壁に水を吹き掛けて湿度をコントロールしてくれる住む人のことを1番に考えた土です。そして和室とリビングの壁には本聚楽土。左官屋さんと一緒にこだわり抜いた風情のある壁となりました。

無垢の床やコルクタイル、和紙の壁やイ草畳、そして土壁。素肌に心地よく、安心な自然素材が家族を包みます。

太陽と大地。ふたつの恵みを生かした健康にも環境にも優しい暮らしが始まります。

  • MORE DETAIL
  • 家族構成:夫、妻、子ども2人
  • 建築場所:滋賀県大津市
  • 延床面積:118.77㎡(36坪)