蜜蝋ワックス | 株式会社スムース

Sumus BLOGブログ・読みもの

家のカタチができるまで

こんにちは、設計の奥です。 米原で建築中だった家が完成し、11月の間、完成見学会をさせていただいています。 家の完成までは、出会ってから少なくても1年はかかりますが、現在見学会をさせていただいている米原の家のご家族と出会ったのはもう3年も前になります。 土地の検討を重ね、打合せを始めたのは2年前。そこからたくさん一緒に悩んで、考えて家づくりをしてきました。 今回は私たちがどんな風に打合せをして、家づくりをしてきたかをご紹介します。 家づくりを考えておられるご家族に、これから待っているワクワクを少しでも感じてもらえたらと思います。   1. 家づくりのスタート【土地探し】 こんな間取りにしてみたいな、こんな素材を使ってみたいな、こんな庭を造りたいな、家づくりを考えだしたら、雑誌を見たり、事例集をみたりとやりたいことがたくさん出てきます。 でも、土地が決まらないことには前に進めません。家の間取りは土地とセットで考えます。その土地から見えるもの、見たいもの、隠したいもの、お日さまの位置、隣の家の窓、その土地の持つ性格とご家族の要望が合わさって、はじめて家族にとってのたった一つの家づ…

家づくりの現場  | 2021.11.08

手入れのススメ

  スムースでは無垢のフローリングをご提案させて頂くケースが多いです。 無垢のフローリングと聞かれると、皆さんはどんな印象を持たれるでしょうか?   温かみがあって、肌触りもさらりとした裸足で歩くことが気持ちの良いイメージを持たれるでしょうか? または手入れが大変そうで、傷ついたり、汚れやすかったりという悪いイメージを持たれるでしょうか?   現代人にとっては手入れとはまったく無駄なもの、悪者の様に扱われる向きがあります。世間の空気が手間がかからないものを優先しすぎる傾向が強くあります。 メンテナンスフリーという言葉がまるで絶対的な価値のように言われて久しいですが果たしてそうでしょうか?   手間をかけた先にある豊かな暮らしであったり、 手入れという作業自体が人間らしく生きていく上で 大切な生業であるというような価値観を 私たちは大事にしたいと考えます。   完璧に手入れをする必要なんて無いです。 自分流のやり方で、 自分のペースでのんびりと。   やがて子どもたちが親の背中を見て、 身の回りのものに慈しみをもって 触れて欲し…

家づくりの現場  | 2021.10.15

蜜蝋ワックスで無垢フローリングをメンテナンス

  「暮らしの知恵」のコンテンツでは、スムースの女性スタッフが家のプロとしてのアドバイスも交えながら、女性目線・母目線でみなさんの暮らしや住まいが少しでも豊かになるポイントをお伝えしていきます。 — スムースでは自然の素材を使った家で暮らすことをご提案しています。無垢のフローリングもそのひとつですが、年に1度から2度はワックスがけが必要になります。スムースがお勧めするワックスは、蜜蝋とエゴマ油からできている自然素材のもの。仕事が休みだった先日、我が家も1年ぶりにこの蜜蝋ワックスを使いお手入れをしました。 ワックスをかけていると、子どもたちがつけてくれた傷や汚れがたくさんあることや、太陽の日で床が焼けて完成の時より色が深くなってきたことに気づきます。ワックスをかけることでツヤツヤになり、こういうことの積み重ねでますます家に愛着がわいてきます。ワックスを塗り終わり、乾燥させている間にコーヒーを淹れて、外で休憩。何でもないことだけど、喜びを感じる。そんなことも家ができて知った喜びのひとつです。 メンテナンスが必要な自然素材に囲まれて暮らすには多少手はかかるけれど、その分…

スムースの日常  | 2016.09.16

Secured By miniOrange