★地産地消の断熱材 ~セルロースファイバー~

-

スムースでは滋賀県産のセルロースファイバーという新聞紙から作られた断熱材を全棟採用しています。
セルロースファイバーは製造エネルギーがグラスウールのおよそ50分の1であり、製造時のCO2排出量も少ない地球にやさしい断熱材です。また特徴として、断熱材内に空気を含むことで熱の移動を抑える効果があり、空気中の湿気を吸放出することで湿度を一定に保つ調質性能があり、製造過程でホウ酸を加えるため防虫効果があり、吸音性が高く防音効果があります。新聞紙でできているため火災に弱そうですが、800℃の炎も表面が炭化する程度の防火性をもっています。
さらに、その吸放出性により壁体内の内部結露を抑えてくれます。ホウ酸が含まれている事で安全性は大丈夫なのかと心配になりますが、ホウ酸の人体に対する毒性は一般の家庭用食塩と同程度であるため、安全性についても非常に安心な材料といえます。

岸本 真聡

その他のブログ